シニア婚活は終活も兼ねて

20170716_01

昨日の午後から、「高松テルサ セカンドライフ応援 婚活パーティー」を、開催。
参加してくれたのは、男性が10名、女性が2名のキャンセルが出て6名。

はじめのグループトークでは、自己紹介をしながら、15分ずつくらい会話
してもらいました。

20170716_02

やはり、皆さん人生経験豊富な方ばかりなので、会話は何時も盛り上がります。
結果は、見事に3組がマッチング。

シニア婚活は、年齢的に考えて、残りの人生をいかに豊かなものにして、
どのような最後を迎えたいかを考える、終活とかねて行うといいと思います。
その中で、これからの人生を共に歩んでいくパートナーは自然にみつかる
のではないでしょうか。

シニア婚活でお勧めしたいのが、お試し生活期間3ヶ月です。
3ヶ月間、通い婚とかアパートで暮らしてみて、 息が合えば、同棲や結婚を
考えるというスタイルです。

最近では、子供たちが、財産分与などで気苦労させるのを避けるため、 事実婚
という形式を取るカップルも増えています。

2人の時間をいかに楽しむかに集中できるシニアカップルは、実は人生の最後
に用意された黄金期なのです。

若い世代があごがれ嫉妬するような、シニアラブが華盛りになればいいと思い
ます。
                                               
                                           愛を伝える婚活士  脇 光雄